認知症予防サプリメント

いつまでも知的に人生を楽しみたい方におすすめです。

認知症予防サプリメント「月読(つくよみ)」でいつまでも自分らしく。

 

 

高齢化社会に向かって進んでいる日本では、脳の働きが低下してしまう認知症が大きな社会問題として注目されています、テレビや新聞で認知症に関するニュースを見ない日はないと言ってもよいほどです。

 

 

ただし、この認知症という病気がどうして起こるのかと言う原因については、専門家の間でもハッキリと解明されていないのが現状ですから、家族やまわりの人たちに認知症になってしまった人がいる人でも、認知症と言う病気についてはよく知らない人が多いのではないでしょうか。

 

 

いつか自分も認知症になってしまうのではないだろうか、と不安を感じているよりも、積極的に認知症を予防することを考えることも大切です。

 

 

認知症予防サプリメント「月読」には、認知症を予防して脳の働きを活性化させてくれる二つの成分が、効果的な割合で配合されています。

 

 

「フェルラ酸」

 

 

学会でも注目されている『フェルラ酸』は、米ぬかから抽出された強力な抗酸化効果があるポリフェノールの成分です。体内で体を老化させる活性酸素をやっつけて、脳の細胞を若返らせてくれる効果が期待されています。

 

 

このフェルラ酸を1粒に白米14合分(約2キログラム)も配合したのが、認知症予防サプリメント「月読」です。

 

欧州で古くから薬用・食用ハーブとして親しまれてきました。

「ガーデンアンゼリカ」

 

 

飲むだけで認知症を防いでくれる「月読」のもう一つの健康成分『ガーデンアンゼリカ』は、北半球の広い地域で生息しているセリ科の植物で、ヨーロッパの人たちの間で天使のハーブとして知られている健康効果の高い成分です。

 

 

このガーデンアンゼリカは認知症を予防する効果の高いフェルラ酸との相性が良く、体内で発生する活性酸の発生を防いでくれる効果が期待されています。

 

 

毎日飲んで認知症を予防する「月読」にはそのほかにも、幻のキノコと呼ばれている山伏タケや、ブドウの皮に多く含まれているポリフェノールの一種であるレスベラトール、南米ペルー産の滋養強壮に効果があるマカなどの健康成分が豊富に含まれています。

 

 

「月読」は一日に2〜6粒を目安に飲む認知症を予防する健康サプリメントです、万が一飲みにくい場合は、カプセルを開けてそのまま飲んだり、水かぬるま湯で溶かして飲むこともできますから、体の不自由な人でも安心して飲むことが出来ます。

 

 

いつまでも今の自分のままで年を重ねていきたいと考える人に選ばれている「月読」で、自分らしく健康な毎日を取り戻してください。

 



>>月読(つくよみ)公式サイトはこちら<<


 


 

▲上へ戻る