認知症 サプリ

2粒に白米14合分のフェルラ酸を高濃度配合しました。

認知症は、本人はもちろん、身近な人にとってもとても辛い病気です。

 

 

これまで元気だった大切な人が、当たり前にできたことすらもできなくなっていく姿は、みていてとても悲しいものです。

 

 

大切な人が病に冒されたときには、介護をしてあげたいと誰もが思うものです。

 

 

介護をするには、体力と精神力が必要になります。そのため、自分自身が元気でなければなりません。

 

 

しかし、自分自身も確実に年老いていきます。

 

 

認知症を患った親の介護をしながら、年老いていく自分自身のケアまでもしなければならないのです。

 

 

若い頃のように身軽でない上に介護をするとなると、とても大きな負担になってしまいます。

 

 

さらに、認知症の人の介護は特に辛いといわれています。

 

 

体が不自由になるだけでなく、できることや知能が、まるで子供のような状態にまで退行していく姿は、見ているだけで辛くなります。

 

 

介護をしていくうちに、本人だけでなく家族も精神的に病んでしまうこともあるのです。

 

 

認知症は、大切な人を変えてしまうだけでなく、家族までも苦しめる残酷な病気です。

 

 

そんな認知症を少しでも防ぎたい。改善したい。

 

 

そんなときには、「月読」を試してみましょう。

 

フェルラ酸と相性抜群のガーデンアンゼリカを配合しました。

認知症は改善することはないとあきらめている人が多いと思います。

 

 

しかし、この月読は、認知症の症状を軽減しすることも期待出来るといわれています。

 

 

その理由は、フェルラ酸にあります。

 

 

フェルラ酸とは、米ぬかに含まれるポリフェノールです。

 

 

このフェルラ酸は、医療機関などで治験を経て、脳と体の健康に良いことがわかってきました。

 

 

近年になって、健康食品成分として提供されるようになり、認知症の人にも人気のあるサプリメントとして愛用されています。

 

 

月読には、白米14号分のフェルラ酸が含まれており、脳と体の健康にいい作用があるといわれています。

 

 

そのほか、長寿成分や体の老化を防ぐ抗酸化作用の強い成分がたっぷり含まれており、認知症だけでなく体を元気に保つことができます。

 

 

このサプリメントを飲み始めてから、頭のもやもやがすっきりとして、以前のように人と会って活気のある生活を取り戻すことができたという人がたくさんいます。

 

 

長い間のみ続けることで、体や脳に良い作用があるので、早いうちから月読を飲むのも良いかもしれません。

 

 

また、一人で家族の介護を担っている人の中には、孤独を感じているという人がたくさんいます。

 

 

コールセンターでは、認知症の悩みや不安などの話も聞いてくれるので、サプリメントを飲むにあたって心配なことを解決してくれます。

 

 

気軽に相談できるコールセンターがあれば、自分は一人じゃない!と思うことができ、心強いものです。

 

 

家族の認知症に悩まされている、最近物忘れが増えて頭がすっきりしないなどの悩みがある人は、月読を試してみましょう。

 



>>月読(つくよみ)公式サイトはこちら<<


 


 

▲上へ戻る